二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
民間企業等による再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業
(2)新たな手法による再エネ導入・価格低減促進事業に係る公募のお知らせ

①再生可能エネルギー事業者支援事業費(ソーラーカーポート)

令和6年1月24日
一般社団法人 環境技術普及促進協会

 一般社団法人 環境技術普及促進協会では、令和5年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間企業等による再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業)に係る標記事業について、補助事業の公募を行います。

1.公募の詳細

公募の詳細につきましては、公募要領、交付規程、公募の概要を確認してください。
応募される方は公募要領等を熟読のうえで、応募申請してください。

※Q&A集等は更新する場合がありますので、定期的にご確認ください。

2.公募期間

一次公募:令和5年3月31日(金)から4月26日(水)17時まで (必着)
     ※一次公募は終了しました

二次公募:令和5年5月19日(金)から6月15日(木)17時まで (必着)
     ※二次公募は終了しました

三次公募:令和6年1月24日(水)から2月29日(木)17時まで (必着)

3.応募申請方法・様式及び参考資料

応募申請につきましては、公募要領「5.応募方法について」をご確認のうえ、下記の応募申請書様式をダウンロードして作成し、提出してください。

(内容)
・A-1 応募申請書
・A-2 提出書類チェックリスト
・B-1 別紙1実施計画書・C-1 別紙2経費内訳・C-2 経費内訳表
・B-5 事業の実施スケジュール
・B-7 導入量算出表(定置用蓄電池を導入する場合のみ提出)
・B-8 運用説明資料
・C-4 補助事業に係る消費税仕入税額控除の取扱いチェックリスト

(参考資料)

4.公募に関する問い合わせ

電話による質問は受け付けておりません。お問い合わせは電子メールでお願いします。
お問い合わせにあたっては、公募要領やQ&Aを熟読した上で、「公募要領の●ページについて」、「Q&Aの●番について」など、具体的な質問箇所と内容を示してください。
お問い合わせの電子メールには、メール件名に以下の例のように応募事業者名及び応募事業名を記入してください。

<メール件名記入例>

 【事業者名】ソーラーカーポート事業について
  (事業者名を、応募を検討している会社・団体等の名称に変更して送信してください。)

<問い合わせ先>

 一般社団法人 環境技術普及促進協会 業務部 業務第1グループ

 メールアドレス:den_shin★eta.or.jp
 (★を@に変更して送信してください。)

<お問い合わせ期間>

三次公募:令和6年1月24日(水)から2月22日(木)17時まで
  ※お問い合わせ期間を過ぎた質問への回答は致しかねますので、あらかじめご了承ください。

5. WEBによる公募説明会

令和5年4月10日(月)にWEB 公募説明会を実施しました。
 
 公募説明会の動画はこちら

6. 固定資産税の特例措置について

 ソーラーカーポート事業で導入した太陽光発電設備について、固定資産税の特例措置を受けられます。
 下記の資源エネルギー庁のホームページを参照ください。

 各種支援制度|なっとく!再生可能エネルギー (meti.go.jp)
 https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/support/dl/koteisisan.pdf
以上